HOME組織概要研究所組織図

RSC-兵庫県立大学リーディングプログラムセンター

センター長
城 宜嗣(工博)
兵庫県立大は、文部科学省の「博士課程リーディングプログラム」に採用され、2011年12月より同プログラムを開始した。 県立大学が提案したプログラムの 最大の特徴は、「SPring-8」、「X線自由電子レーザー(SACLA)」 および「クライオ電子顕微鏡」、 また(独)日本原子力研究開発機構の「中性子回折装置」さらに「ラマン振動分光装置」「電子計算機」など、最先端の実験装置を 駆使した実習を必修科目として設定していることである。理化学研究所放射光科学総合研究センター(RSC)は、同プログラムにおける実習、 特にSPring-8とSACLAを活用した実習を積極的にサポートしていく事を目的に、「RSCー 兵庫県立大学リー ディ ングプログラムセンター」を設置した。 RSCはこのセンターを通して、同プログラムが、世界最高レベルのフォトンサイエンス技術を身につけ、その技術 を駆使して生命現象の本質を 解明する高度な研究能力を持った人材、新たな研究分野を開拓するリーダーを養成することに寄与していく。



前のページに戻る