HOME組織概要研究所組織図

量子状態可視化チーム

木須孝幸
チームリーダー
本チームはSPring-8の持つ世界最高峰の「低エミッタンス・高フラックス・高輝度」といった放射光特性を最大限に利用し、主に硬X線によって励起された光電子をプローブとしてあらゆる物質の性質を決定付ける電子の量子状態をエネルギー・波数・時間・空間ン・軌道・スピンと多元的に可視化する新しい手法の実現を目指す。このSPring-8に構築する世界最高のシステムを利用し、光電子利用実験を競争関係における基礎研究のみならず、スピントロニクス、有機デバイス、触媒など機能性材料の量子状態の可視化による、実用化メソッドの探索といった応用に直結するすそ野の広い新しい研究分野の構築を行うことを目的としている。



前のページに戻る