HOME組織概要研究所組織図

可視化物質科学研究グループ

高田 昌樹
グループリーダー
電子ビームの低エミッタンス化の潮流は、放射光の光源性能の先端活用に大きな 変革をもたらせました。そのキーワードの一つが「可視化」です。 放射光の輝度の格段の向上と集光技術の進化がもたらす、ナノビームアプリケー ションに加え、高いコヒーレンス比を活用したタイコグラフィーなどにより、不 均一で複雑な系の組織構造を、ナノスケールで可視化する事も可能になってきました。 「可視化物質科学」は、このコヒーレンスを活かした回折イメージングとXAFSや 光電子分光法と統合して、物質の化学状態や電子状態の情報を可視化する、ナ ノ・インフォ・グラフィー; Nano-info-Graphy(NiG)を、機能の可視化の手法と して確立することを目指しています。




前のページに戻る