HOME組織概要研究所組織図

米倉生体機構研究室

米倉 功治(Ph.D)
主任研究員
生体分子がその機能を発現するためには、それぞれの生体内の環境に合わせたコンフォーメーションをとることが必要です。 多数のタンパク質からなる超分子複合体や、生命活動に重要な役割を果たす膜タンパク質等では結晶化が難しく、その作動機構の 解明は進んでいません。当研究室では、低温電子顕微鏡法、X線結晶構造解析、高干渉性X線イメージングを組み合わせ、 いろいろな形態の試料から、より高い空間分解能で、その三次元構造の解析を行っています。解析手法の開発も並行し、 エネルギー変換膜蛋白質や、種々の超分子複合体等の生体分子機械の作動機構の解明を目指しています。

研究室ホームページ


前のページに戻る