HOME組織概要研究所組織図

生命系放射光利用システム開発ユニット

山本 雅貴(理博)
ユニットリーダー
タンパク質や核酸など生体巨大分子の立体構造を解明することは、構造生物学の基礎である。当ユニットは、SPring-8に設置された構造生物学研究用ビームライン群の維持・運営にあたると同時に、ビームラインを用いて実施される種々の生体巨大分子構造解析研究(X線結晶構造解析法による静的構造解明、X線小角散乱法による溶液構造解析、白色ラウエ法による動的構造解明、XAFS法による局所構造解析)についてユーザーへの技術支援を行いつつ、構造生物学に係わる諸技術の開発とレベルアップを図っている。

研究室ホームページ


前のページに戻る