SACLA発振
「夢の光」をついに実現−X線自由電子レーザー施設 SACLA(サクラ)がX線レーザーの発振に成功―
「夢の光」をついに実現−X線自由電子レーザー施設 SACLA(サクラ)がX線レーザーの発振に成功−



● 世界最短波長(1.2Å)となるX線レーザーの発振に成功
● ビーム運転開始からわずか3カ月という短期間での達成
● 性能をさらに向上させ、 2011年度内に供用運転を開始

独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)と財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI、白川哲久理事長)は、6月7日、兵庫県の大型放射光施設SPring-8※1に隣接して建設したX線自由電子レーザー(XFEL) 施設SACLA(サクラ)※2で、1.2 Å(Angstrom:オングストローム)※3のX線レーザーの発振に成功しました。

X線レーザーは、原子の動きを、一瞬のストロボでくっきり撮った写真を何枚も並べて、瞬時に起きる化学変化を観察する事ができる夢の光です。

基礎研究から応用開発まで幅広い分野で活用が見込まれており、 創薬で重要な膜タンパク質※4の構造解析や、ナノテクノロジー分野などの研究の進展が期待されています。 SACLAは、2006年度に国家基幹技術※5の1つとして選定され、日本の最先端テクノロジーを結集して5年間にわたって整備が行われてきました。2011年2月からビーム運転を開始し、調整を進めた結果、 運転開始からわずか3カ月という短期間で波長1.2 ÅのX線レーザーの発振に成功しました。

今後は、さらに高強度・短波長のX線レーザーを安定に供給、利用するための調整運転を行い、 2011年度内には、 国内外に開かれた施設として供用運転を開始する予定です。



このページのトップに戻る
X線自由電子レーザー施設 SACLA 〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1番1号 独立行政法人 理化学研究所 播磨事業所
Copyright © Riken, Japan. All right reserved.